独学でも勉強可能!通信講座で宅建の試験対策

記事リスト

不動産業界で働くのなら

積み木

プロの力を借りて合格へ

宅建は不動産業界で働いていく上で必須とされている資格です。なぜならば不動産業を営む事業所には宅建の有資格者を一定割合おいておかねばならないと法律で定められているからです。宅建の有資格者には別途手当てを支払って人材を確保しようとしている会社もあります。また独学で取得可能な国家資格であるため、自らのスキルアップを目的として勉強している人もいるのです。宅建の試験は年に一度しかないため、特に業務上必要となる人は確実に合格したいところです。学習期間が長期化するとモチベーションの維持が難しくなります。そのため独学で学習する場合は通信教育を上手に利用するのがよいでしょう。大手ビジネススクールが母体となっている通信教育であれば、分からない点や質問したい部分が出た来た際のフォロー体制が整っています。宅建の試験は民法や農地法などの法律問題がメインです。特有の言いまわしが多いので独学では理解しづらい部分が多々あり、フォロー体制がないと独学で合格にたどり着くには時間がかかってしまいます。法律関連の資格取得が初めてだという人は、通信教育を申し込む前にフォロー体制が充実しているかチェックしておきましょう。また、通信教育で注意しておきたいのはカリキュラムが自分の生活スタイルにあっているかです。生活の中でどのくらい学習に時間を割けるのかを把握しておかないと、カリキュラムに追いつけなくなってしまい、途中で挫折してしまうケースがあるのです。

Copyright© 2018 独学でも勉強可能!通信講座で宅建の試験対策 All Rights Reserved.